建設業許可の有効期限

許可の有効期間は、5年間です。

許可のあった日から5年目の許可日に対応する日の前日をもって満了となります。

許可の有効期間の末日が日曜日等の行政庁の休日であっても同様の取扱いになります。
したがって、引き続き建設業を営もうとする場合には、期間が満了する日の30日前までに、 当該許可を受けた時と同様の手続きにより許可の更新の手続きをとらなければなりません。

手続きを怠れば期間満了とともに、その効力を失い、引き続いて営業することができなくなります。(建設業法施行規則第5条)

なお、更新申請が受理されていれば、有効期間の満了後であっても許可等の処分があるまでは、従前の許可が有効です。